山形市の歯医者|まむろ歯科

ご予約・ご相談など
お気軽にお電話下さい

tel.023-616-4618 (受付時間:9:00〜19:00、休診日:日曜・祝日)

インプラント

歯を失ってしまった方への
治療法

10年、20年先も
しっかりと噛める歯へ

インプラント治療とは、歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療のことです。

人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。
入れ歯やブリッジと異なり隣の歯を削って負担をかけることもありませんし、自分の歯と同じような感覚で強い力で違和感なく噛むことができるようになります。

インプラント治療

また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

インプラント治療の
メリットとデメリット

メリット

  • 入れ歯と比べて、自分の歯に非常に近い感覚でよく噛める
  • 自然に会話も楽しめる
  • 周囲の健康な歯を削らずに治療できる

デメリット

  • 保険適用外の治療なので費用がかかる
  • 外科処置が必要なため、長期間の治療が必要となる
  • 予後のメンテナンスを怠るとインプラント周囲炎になる場合がある

インプラント治療の
種類について

All-on-4

All-on-4とは、全ての歯を失った方に対して、4本のインプラントだけで全ての歯を回復させることが出来る治療方法です。

これまでのインプラント治療では、多くの本数、骨造成が必要でしたが、このAll-on-4という治療方法では、インプラント本数も少なく、骨造成もいらず手術による負担を軽減できます。

インプラント治療

All-on-4を選択する
メリット

  • 身体的な負担が少ない
  • 即日歯が入る
  • 審美的に優れる
  • 費用が経済的

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーによるインプラント治療は、基本下顎2本、上顎4本のインプラントを埋入し、着脱式の義歯を取り付ける術式で、通常の入れ歯よりもしっかり噛めて使用中に外れることもないです。

治療費用に制限のある方や体調等により大きなオペができない方などにおススメします。

インプラント治療

骨が少ない場合の治療方法

骨がやせていても
インプラント治療対応可能

土台となるあご骨が十分にある場合は、インプラント治療は比較的簡単に施術でき、通常の歯科医院でも十分対応可能です。
しかし、骨が少ない場合は骨造成処置や埋入技術が必要であり、インプラントができないと言われた患者様もいらっしゃいます。

インプラント治療

当院では経験豊富な歯科医師が治療に当たりますので、骨が少なくて他院ではインプラント埋入が不可能だと診断された症例においても、インプラント治療を可能になります。

GBR

骨が幅、高さが足りないときに自家骨や人工骨で造骨する方法です。 基本は下顎から採ってきた自家骨移植になります。

デメリットは、期間がかかるのと手術侵襲が大きく感染の危険があることです。

サイナスリフト

上顎は上顎洞(頬骨の内側辺りに位置する空洞のことで、奥のほうで鼻腔とつながっている)という空洞があるため、骨の高さが足りないことがよくあります。

サイナスリフトは、その空洞内に自家骨や人工骨などの骨補填材を填入し骨を造る方法です。術後の腫れがあることが難点です。

傾斜埋入

骨が少なくて真っ直ぐに埋入できない時、サイナスリフト・GBRなどの骨増生を避けたい時など、インプラントを傾斜させて埋入するテクニックです。

傾斜埋入のメリット

  • 治療期間の短縮
  • 治療費の削減
  • 治療の単純化

しかし骨があるところに狙って埋入するため、ドクターのテクニックと経験が必要になります。そのためどの歯科医院でもできるとは限りません。また上顎結節付近は大口蓋孔や翼突筋静脈叢などの危険な部位があるため注意が必要です。

骨増生処置を避けたからといって長期的なインプラントの成功率はかわりません。

インプラント治療の流れ

  1. 事前検査 事前検査 インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。レントゲン撮影・CTスキャン・口腔内模型検査などによる十分な検査を行い、綿密な治療計画を立てます。患者様の同意を得てから手術の日程を決めます。
  2. 治療開始 治療開始 お口の中が清潔で炎症のない状態であることが確認したうえで、治療を開始します。 局部麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。このインプラントが新しい歯の土台となります。手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。様々な条件によって期間が異なりますが、2ヶ月~半年が目安となります。
  3. アバットメント アバットメント インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上にアバットメントを連結して人工の歯(上部構造)を装着する準備をします。
  4. 人工の歯(上部構造)を装着 上部構造 インプラントのヘッドに人工の歯(上部構造)を装着します。これでインプラントを装着する治療が終わります。
  5. メンテナンス(検診) メインテナンス インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただく必要がありま す。インプラントのネジの締まり具合を点検したり、噛み合わせの調整も必要になります。また、インプラントは虫歯にはなりませんが、メンテナンスを十分 に行わないと歯周病にかかることがあります。

山形市桧町の歯医者
「まむろ歯科」の
ご予約はこちらから

24時間オンライン予約受付中です

お気軽にお電話ください

ご予約・ご相談などお気軽にお電話下さい

tel.023-616-4618 受付時間:9:00〜19:00
休診日:日曜・祝日

診療内容

山形市桧町の歯医者 まむろ歯科では、虫歯治療から白く美しい歯を実現する審美歯科やホワイトニング、歯を失ってしまった方へのインプラント入れ歯まで総合診療を提供しております。